こんな方のお役に立てます。

【こんな悩みを持つ経営者、店舗オーナー、個人事業主の方にオススメです。】

■思いをまとめたり、言葉にすることが少々苦手で、

他者の目線(お客様の目線で)で一度、名刺をリニューアルしたいと思っている。

 

■ライバルより目立ち、印象に残る名刺を作って、

必要な時に、ぱっと思い出してもらえるような仕組みを作りたいと思っている。

 

■事業内容が、短時間で伝えづらいので、いつもあせっている。

いざという時、とりあえず一枚でなんとかなる説明ツールが欲しい。

 

■今すぐでなく、長期的に考えて、認知度を上げるツールを模索中だ。

 

■とりあえず、心の距離を縮めて、好感を持ってもらい、

次につなげる名刺を作りたいと思っている。

【私が名刺を変えて起こった5つの変化】

①受け取る方の反応が変わりました。

名刺を見てもらう時間が伸びました。

受け取った方の目元を見ると、

良くも悪くも何らかの反応があることが増えました。

好みはありますが、概ね好意的にとらえてもらっています。

 

 

②必要なことは、名刺を見てもらえればよいので、

興味がある方は、後で見てくれるだろうという割り切りができるようになりました。

ガツガツすることもなくなり、ストレスが軽減されました。

 

 

③相手の反応を見ることが、楽しみになりました。

また、以前より人に会うことが楽になり、行動力がアップしました。

実は、目立ちたいと欲求もあったので、

その辺りも満たされています。

 

 

④質問されたら、説明する。

あとは、傾聴に徹するという独自のスタンスができました。

名刺を配る枚数も大切ですが、

一会合、一人の方と有意義に話せて、

つながればよいなと思えるようになりました。

 

 

⑤作成時、自分の棚卸をすることで、頭の中が整理され、すっきりしました。

完成した名刺を見て、感動とともに少しだけ自己肯定感が上がりました。

  

【他の名刺との違い】

お客様が知りたい3つのポイント

 

①何ができる人なのか?(何屋さんなのか)

②仕事ができる人なのか?(実績)

③信頼できる人なのか?(人柄)

 

を、写真を多用することで、視覚的に短時間で伝えます。

 

必要であれば、似顔絵も使い、場の緊張を緩め、印象に残します。

 

私が描いた似顔絵は転用OKになっております。

(私が作成した場合、似顔絵作成代金は料金に含まれています)※

 

※過去外注した事例、また、お客様が持ち込まれた事例もございます。

 

ちなみに、私の似顔絵の世界観はこのような感じです。