似顔絵を使用するときのポイントとは?

名刺に似顔絵の使うときのポイントは、

自分の特徴を少しデフォルメしたものを使うことです。

 

私の場合は、耳が大きいところを意識しました。

 

そうすることで、印象に残りやすいですし、

なんか場が、和みます。

 

体の特徴もありますが、

髪型、メガネ、持ち物、服装、ラッキーカラーなんかもありますよね。

 

これって、ある種、自己開示だと思うんです。

 

相手の感情を少しでも動かしてもらって、

興味を引くことにもつながります。

 

逆に写実的なもの

つまり、写真を上からなぞって現実にそっくりに書いているもの、

 

無料で作成できる、パーツを組み合わせているものを見ると、

もったいないなあと思います。

 

似顔絵を使用すること自体大変有効ですし、

センスがあることだと思います。

 

使用するなら、意図を持って、

相手の記憶に残りやすいものを!

 

というお話でした。