このキャッチコピー、刺さりました。

神戸市内の、たこやき屋さん。

 

「歴史まんが90冊あります。」の文字。

 

急いでいたんですが、思わず立ち止まりました(笑)

 

主人さんは、歴史まんがが、お好きなんでしょう。

 

私もクリニックなんかで置いてありますと、

なつかしくて、ついつい読んでしまします。

 

大人になって、

世の中のことがある程度分かって、読む歴史まんがは、

また格別なんです。

 

特に男性は、好むんじゃないでしょうか。

 

それと、「90」という数字。

 

100でもなく、200でもなく、90。

 

正直に書かれているだけなのか、深い意味があるのか、

わかりません。

 

この不安定感。端数感。

 

が、結果的に私の心には確実に刺さりました。

 

ブログに書いてしまうくらいに。

 

今度、前を通ったら入ってみます。

 

このキャッチコピーが、300円ほどの売り上げを

あげたことになるのです。

 

「好き」が共感され、

お金になるって最高ですね。