喫茶店のママさんから学んだ会話術とは?

行きつけの喫茶店のママさんと会話をすると、

とりあえず明日もがんばろうと思える。

 

で最近、会話の中にキーフレーズがあることに気がついた。

 

「そうです!その通りです!」という言葉。

 

そこだけ、会話のトーンを変え、

相手の顔をしっかり見据え、

真剣な表情になる。

 

瞬間、会話は止まり、

話相手は、満足げな顔になる。

 

大肯定、大承認をしてもらった喜びという感じだ。

 

ここのママさん、単に聴いてあげるだけじゃなく、

言うべきは言うというスタンスの方なので、

厳しく聞こえることもある。

 

が、先ほどの一言で中和され、

アドバイスが心にしみてくる。

 

注意しなくてはならないのは、

お世辞はだめで、

ほんとに、そうだ!と、

共感でなく同感の時のみ使うことだろう。

 

教育者の一面を持つ方なので、

愚痴だけの無駄な時間にしないための、

意識的な配慮かもしれない。

 

似たような言葉で、

 

「吉村さん、そう!それです!そういう発想が欲しかったんだよな~」

 

と企画系コンサルタントさんに言われた時、

満足度があがったような気します。

 

「そうです!その通りです!」

 

使い方次第では、 

先生業の方にとっては、

相性が良い言葉なのかもしれません。