古本屋さんに驚いた話

アマゾンで古本を注文して、配送されてきまして・・・

いきなり黄色ビニール封筒で、こんな感じ。

なんともインパクトがありました。

な、なんだ?という驚き。

 

「日本のもったいないをすべて引き受けます」というキャッチコピーも

会社の理念がわかり、好感が持てて、すごくいい。

そして、楽しそうな、物語がありそうなイラスト。

開けてみると、カレンダーのプレゼントと説明書と宣伝。

カレンダーがついてるので、売り込み感がうすれている。

で、説明書の裏側を使って、ブックカバーにできるとのこと。

 

配送という機会を、しっかりとセールスのチャンスにされている。

 

記憶に残り、なおかつ明るく楽しく、得した気分。

 

他のネット古本屋さんとは雲泥の差です。

 

私の脳内検索では、

古本屋=ブックオフが一番だったのですが、

これからは、

古本屋=もったいない本舗に書き変わりそうです。

 

それにしても見事。ノンストレスでした。