それは、名刺に期待のしすぎです。

名刺を変えるだけで、売上が目に見えて、どんどん伸びていった!

ということはまず起こりません。

 

実は、私もはじめは、

ネットにあふれる情報を見て、売上アップに即つながる!

と思ってました(苦笑)

 

もしそうなら、ブログもホームページもフェイスブックもいりません。

 

名刺単体に、それを期待するのはちょっと荷が重いのです。

 

もともと知名度や実績がある方なら

知ってもらうだけで売れる場合もあるのですが・・・

 

で、買っていただくためには、

いくつもの見えない壁があるんですよね。

 

そもそも、商品の質が悪ければ話になりませんし、

値段、実績、人柄、タイミング、フィーリング、購入許可が必要などなど。

 

名刺の役割はつまるところ、

まず興味を持ってもらい、

認知してもらい、次につなげることではないでしょうか。

 

導線を作って、

ブログを読んでもらう。

フェイスブックでつながる。

資料請求してもらう。

メールでやりとりできる仲になる。という感じ。

 

つまり、繁盛の入口を作ってくれるツールなんだと思います。

 

が、入口を開けてもらうのは、なかなか難しいですよね。

だから、目立つ、伝わる名刺をじっくり作成し、

渡し方、話し方など事前準備をすることが大切になってくるわけです。

 

入口がなければ、出口(モノ、サービスが売れる)もありません。

名刺は、確実にその入口を作っくれます。100枚配ったら、100個の入口を。

 

会話が弾むに越したことはないですが、弾まなくても仕方ないです。

相手の方も必死に、自分を売り込みに来ているのですから・・・。

10枚配って、1人会話らしい会話ができたらグッド、ぐらいの気持ちがよいのでないかと思います。

 

名刺は、つなぎ役です。

他の媒体やあなたの個性との合わせ技で力を発揮するものです。

 

そして、売上は、ジワリと伸びていくものなのです。

 

ブログ一覧→