身も蓋もない名刺の正体とは?

名刺は売り込みカードです。(基本は)

 

名刺交換が日本の習慣になっているとは言え、

もらう側は、圧迫感や不安を少なからず持っています。

 

配る側の心理としては、

①もし必要なら、自分の商品、サービスを買ってほしい。

②気の合いそうな人なら、つながっておきたい。

 

という感じじゃないでしょうか。

 

塾とか、勉強会なら②が強い場合もあるかと思います。

 

だからこそ、

相手の意識を少しでも向けてもらうために

「この名刺、他とちょっと違うな・・・」

と感じてもらうことが必要になります。

 

違うというのは、

ジャバラ折の名刺にするとか、

派手な色使いをするという、

奇抜ということではなく、

 

明確な意図を持った名刺を用意しておきませんか。

 

ということです。

 

表いっぱいを働いているところの写真にして、

仕事内容だけでも伝えようとか、

 

会社名(店名)、肩書きよりも

自分が何屋なのか、とにかく目立つように一番大きくしたり、

(相手の一番知りたいことですから)

 

似顔絵を使って、まずは場の空気感を変えてみたり、

みたいなことです。

 

で、できれば

 

裏面に写真を使って、

実績や人柄を少しでも伝えられたらなと

私は思います。

 

写真であれば、人は反射的に見てしまいますし、

文章ほど負担がなく、

伝えられる情報も多いからです。

 

 

配る側の心理をわかっていれば、

反応が薄くてもあまり落ち込む必要はないのではないでしょうか。

 

みんな自分のことを伝えたくて

必死にがんばっているのですから。

 

おたがいさまだと思うのです。

 

 

ブログ一覧→