思わず見入ってしまったポスターの手法とは?

皆さんは"then& now"(ゼン アンド ナウ)

という言葉をご存知でしょうか?


過去に撮影した写真と同じ構図、

同じ格好をして、新しく写真を撮り、

並べて見せて、時の流れに思いを馳せるという試みだそうです。

このような感じです。

個人だけでなく、家族や友人と一緒に撮った思い出の写真であったり、

ワンちゃん、ネコちゃんであったりと色んなパターンがあるようです。

 

先日もこの手法を使ったポスターを目にしました。


某有名女優さんの現在の写真(26歳)を

6歳当時の写真と同じ場所、同じ服装、

同じ髪型、同じ笑顔で撮影してあり、

2枚を縦に並べた構図のポスターでした。

 

思わず、見いってしまいました。

 

あまり変わってないなあとか、

 

昔と似た服がよくあったなあとか、

(作ったのかもしれませんが)

 

場所は、実家かなあ、など

なにか懐かしい感じがして、

自分も今は無き実家のことを思い出していました。

 

で、印象に残ったから、今ブログに書いているわけです。

うまい興味の引き方、記憶の残し方ですよね。

 

この場合、過去とのギャップがあればあるほど

インパクトがあるということですね。

 

”ギャップ”や”懐かしさ”は誰の心にも響くキーワードです。


昔の写真を見れば、現在と比べたくなる。

ビフォーと言われれば、アフターが見たくなる。

人の習性を利用した方法ですね。

 

が、あまり写真にインパクトがありすぎると、

一体なんの商品(サービス)だったのか、

記憶に残りませんので、そこは注意が必要です。

 

"then& now"

これって、年賀状とかでも使えそうですね。

 

 

ブログ一覧→