名刺に使用すると効果的な古典的な方法とは?その2

チェックボックスを使って、

問題を提起する方法。

 

↓こんな感じです。

こんなことで困っていませんか?

こんなことに該当してませんか?

 

と、問いかける方法です。

 

・注目してもらいやすい。

・短文で、ポイントを伝えることができる。

・読む側も、何ができる人なのか?

どんな時に声をかければよいのか?

を理解しやすい。

 

などの利点があります。

 

ポイントは、

人間味があるように伝えること。

 

印象に残したい。

まずは、覚えてもらいたい!

 

記憶に残したい。

パッと思い出してもらいたい!

 

など、話言葉で表現するとよいかと思います。

 

チェックボックスを使ってみる。

 

名刺なら3項目ほど、

 

チラシなど紙面に余裕がある場合でも

5項目までがベターだと思います。

 

あまり多いと、しつこいですし、

記憶に残りづらいと言われていますので。

 

お試しくださいね。

 

ブログ一覧→