魅力的な「お客様の声」について。

お客様の声ってやっぱり重要ですよね。

興味のある商品(サービス)を購入する場合、

重要な判断材料になります。


ただ、お客様の声を頂きました!とありまして、

その後、文字のみがズラズラ続く場合・・・


これホントにお客様からもらった声なの?

と天邪鬼の私は思ってしまいます。


さらに天邪鬼な私は、


読んでみると、お褒めの言葉ばかり・・・

うそっぽいなあ(実際はそんなことないのでしょうが)・・・

お客さんからすれば、不満な部分もあるだろうに・・・


と思ってしまいます。

 

・・・


で、ある同業者のホームページに、

 「お客様からのお叱りの言葉」という項目があったんですね。


もちろん、激怒されたとかそういう話ではなく、

内容は、ご要望、ご意見なのですが。


例えば、私の名刺作成サービスにあてはめると、


・ちょっと文字が小さかったです。

・写真の印象がちょっと硬かったです。

・次回は、もう少しシックな感じがよいですね。


みたいな負の感想も正直に書いとくわけです。


そして、その要望に丁寧にコメントをして、

真摯に対応するスタイルをプラスした

「お客様の声」だったんですね。


良いところだけでなく、

少しだけうまく行かなかったところも見せる。

 

この方のお客様の声には、真実味がありました。

 

つまり、

 

①デメリット(弱い部分も見せ、そこは真摯に対応する)

②メリット

③だから、こんな方におすすめ商品(サービス)です。

 

という論法だとミスマッチを防げますし、

反応もアップするのではないかと思います。


ブログ一覧→